子連れdeお出かけ

子連れで海やプールに行く時の6つの必須アイテムとあったら良かった持ち物など

もこ*(@mocochat)です。

先日県営の大きなプールに行ってきました。

もうね、まだ一人で歩かせるのは危なっかしい1歳児と一人で歩けるけれどまだまだ甘えたい3歳児を連れては大変でした。

アウトドア専用のキャリー買っておけば良かったなぁって思いました。あとね、スマホの防水ケース。あれ大事!

そしてプールに入ると猛暑のせいか見渡す限りテント、テント、テント!

プールプール

うちももちろん持って行きましたが重いんですよね。着替えやら荷物も多いし。

ということで初めて子連れでプールに行ったんですが、
これがあれば良かった!こうすれば良かった!
という情報をシェアしていきます。

あ、水着は家から来て行くのが一番楽ですよ〜

もこ
もこ
家から着ていくときは下着を忘れないでね(笑)

子連れの海やプールに持っていきたいアイテム6選

  • レジャーシート
  • テント
  • アウトドアキャリー
  • 日焼け止め
  • ラッシュガード上下
  • サンダル

詳しく見ていきますね。

用途別にまとめました。

猛暑対策の必須アイテム

ラッシュガードと日焼け止め

ジリジリ何もしなくても汗が吹き出るほどの暑さに強い日射し。
日焼け対策は必ずしましょう。でないと赤く腫れてとんでもないことに!

肌が露出する部分にはまんべんなく日焼け止めを塗って、できれば、というかもう必ず!ラッシュガードを着用しましょう。

子ども用はこちら↓

今回初めてラッシュガード着てみたんですよ。

ただでさえ暑いのにあんな風通しの悪いのを着るなんて…と思ってたんですが違いました!

着た方がまだ暑さを凌げます!
UV加工のものなら日焼けも防げるし一石二鳥!
着たまま水にも入れるしコレは良いですよ。

足用もおススメします!

上着は昨年買っておいたのを着たんですが、持ってなかった為に太陽にさらされた足はたった数時間で真っ赤になりました( ;∀;)お風呂痛かった…

ラッシュガード!超オススメします!!

サンダル

続いてはサンダル。

形はなんでも良いと思います。濡れた足で履くのでかかとにベルトがないクロックスとか履きやすくて◎

何でも良いとは言いましたが子ども用サンダルは断然IFME(イフミー)がおススメです!

イフミーをおススメする理由はこちら↓

夏の子どもの靴・サンダルはイフミーのウォーターシューズがオススメ!子どもの夏用の靴やサンダルに悩んでる人へ、イフミーのウォーターシューズをオススメしています!メッシュ仕様で濡れても乾きやすく蒸れにくい。成長過程の子どもの足を守る機能性。つま先が出ずに安心とオススメできるポイントがたくさん♪人とかぶりにくいブランシェスなどのブランドコラボデザインも豊富!...

プールに入ってる間はもちろん必要無いんですが、休憩中にはあった方が絶対に良いです!
だってコンクリートが熱いっ!

晴れた日射しの下のコンクリートの暑さって知ってますか?ニュースにもなったのでご存知の方も多いと思います。

なんと!60℃もあるんですよ/(^o^)\

素足で売店まで行ったりトイレに行ったりしますよね?(あ、トイレにはトイレ用スリッパがありました)

スライダー滑る時には履いて行けませんが、裸足で歩いて行ったら熱くて飛び跳ねました。(滑って危ない!)

レジャーシート、テント

日射しや熱から体を守るには当然レジャーシートにテントも必須です!
コンクリートが熱いのでベンチでもない限り(ベンチも相当熱い…)そのまま座るとお尻が熱くて座ってられません。

休憩に子どもたちとご飯やおやつを食べるのも、寝転ぶのにもレジャーシートは必須!

カラフルなレジャーシートは場所の目安にもなりますよ。

テントもね、曇ってればまだ良いんですが日射しが出るとヤバイです。屋根のないところにじっとなんてしていられません!

閉めきって長く中にいると軽くサウナでそれはそれで危険ですが、陰も作れますし、帰り際にさっと着替えることもできるのでオススメ!

※着替えなどで使う以外は風通しよくしておきましょう。

https://mocolog.com/outdoor-leisure/

アウトドアキャリー

最近本当によく見かけるようになりました。
元々はキャンプ用品を運ぶ時などに使うのかな?

幼児連れで海やプールって荷物が本当に多いんですよ。
上記のようにレジャーシートやテントは持っていきたいし着替えも家族分、さらに歩かない子や歩けてもまだ危なっかしい子がいたらもう大変\(^o^)/

特に帰りなんて疲れてグズったり眠っちゃいますよね?寝てる子抱えて大荷物ですよ。

お子さんがまだ赤ちゃんで1人の方は想像つかないかもですが、1歳と3歳の子どもたちだけで約25kgもあります\(^O^)/腕がもげるw

そこで役に立つのがアウトドアキャリー
モノにもよりますが80kg〜150kgの荷物を一気に運ぶことができます!

もうね、プールから帰ってから即買いました(笑)

前々から普段のレジャーやこれからの運動会に使えるなぁと思って悩んでいたんですが、これは買おう!と必要に迫られた瞬間即決です。

家で組み立てて試しに開いて見たらね、来ましたよ〜おチビたち。

もこ
もこ
やっぱ乗るよね~♪
キャリーに乗る子どもたちキャリーに乗る子どもたち

満面の笑みで乗り込んでいましたw

以上が私たち夫婦が感じた、子連れでの海やプールに必ず持っていきたい物す。


海やプールに持っていくと良いモノ、便利なグッズ

それから、これは特に私が買っておけばよかった!!と思ったモノなんですが…

スマホの防水ケース

スマホで水の中で遊んでる子どもたちの写真を撮りたかったのですが、防水ケースを持っていなかった為に諦めました(´・ω・`)落としたり濡れたら壊れますもんね…

少し大きめを買えば小銭やお札も入れられて便利です!

実際パパさんやママさんが首から下げてるのを見て「しまった!!買っておけばよかったー!」ってなりました。
テントに金銭は置いておけないし、わざわざロッカーに財布を取りに行くのは面倒だし。

なのでこれも即買いましたw次回から活用したいと思います♪

ちなみに…

防水ケースの選び方

防水・防塵規格(IP規格)と呼ばれる規格があります。

防水は0~8、防塵は0~6まであり数字が大きくなる程守られる範囲が広くなります。

IPX6またはIPX8を選べばプールや海で対応できると思います。
※Xの部分は防塵性能を表す数字が入ります、省略する場合に”X”と表されます。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
とても分かりやすくまとめられていて参考になります。

スマートフォンの防水性能 IPX とは何か?数字の違いによる防水耐性について

フロートや浮き輪、ライフガード(ライフジャケット)など

あとはフロートとか浮き輪、ライフガード(ライフジャケット)もあれば良いなぁと思いました。

こういうの。

浮輪やフロートを持っていくなら空気入れも忘れずに。

今回行った大きいプールでは電動の空気入れがありましたが列になっていました。

子ども用のライフガードって股ベルト付きになってるものが主流なんですって。脱げなくて安心ですよね。付けてるお子さんちらほら見かけました♪

3歳児だと流れるプールはまだ深くて足が届かないんですよね。波のプールも浅いところは良いけど少し進むと波で急に深くなったりするし。

フロートや浮き輪があれば遊び方も増えるし、大人にずっとしがみつかなくて良いので親子双方に良いと思います。

バスタオルはあまり必要ないかも…

逆にそこまで持って行かなくても良かったなぁというモノもありました。

それは…

バスタオル!

なんせ暑いのでさっと拭けばすぐに乾いてしまいます。
家族でフェイスタオル2枚くらいで十分!(1人ずつ肩に掛けたい場合は人数分用意)

「水に濡れるしタオルは多い方がいいよね~」と人数分持って行ったのですが荷物になるだけでそんなに要りませんでした(;´Д`)
子どもたちは小さいので拭く面積も狭いですしねw

あ、着替えるときに見えないように体に巻くという人はバスタオル必要ですよ~。
自分の用途に合わせて持っていくか考えてくださいね。

ちなみにマイクロファイバーのタオルはふわふわで吸水率が良いだけでなく、洗濯後も乾くのが早いのでおススメです♪

タオル
タオルを買うなら3COINS!おしゃれでふかふか!コスパ最高♪あなたはお気に入りのタオルってありますか? タオルが黒くなってきたので買い替えないとなぁと近頃思っていたのですが、さっき3COIN...

 

子連れの海やプールで役立つアイテムのまとめ

必須アイテム
  • ラッシュガード
  • 日焼け止め
  • サンダル
  • レジャーシート
  • テント
  • アウトドアキャリー

あると便利なアイテム
  • スマホの防水ケース
  • フロート、浮輪、ライフガード

少しでも参考になれば幸いです。

我が家もこの経験を元に再度プールにチャレンジしたいと思います(`・ω・´)

栃木県真岡市 井頭公園一万人プール

ちなみに行ったのは栃木県真岡市にある井頭公園一万人プールです。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

子育て応援

妊娠中お世話になりました♡

出産祝い・内祝いにオススメ♡

出産準備にフィンランドから届くムーミングッズ♡

大好きな子ども服ブランド♡