主婦のお財布事情

ふるさと納税 初心者に簡単イラスト説明!節税と返礼品がもらえてお得!おすすめサイトも紹介

ふるさと納税

ふるさと納税の返礼品に規制がかかると何かと話題ですよね。
2019年6月から施行されました。

ふるさと納税って簡単にできて、とってもお得なんですよ♪

でも仕組みがよくわからないとまだまだやっている人は多くありません。

わが家では昨年、何度も何度も説明してやっと夫に寄付してもらえました。

ふるさと納税もうやりましたか?
やったことない人はぜひやってみてください!

ふるさと納税を利用すれば、ただ自治体に納税するだけではもらえなかったたくさんの返礼品がもらえ、とてもお得に納税することができますよ♪

この記事では、

ふるさと納税お得だって聞くけどいまいちよくわからないわ…
難しくない?わたしでも簡単にできるの?

という方に、ざっくりと分かりやすくふるさと納税について解説します♪

\使いやすくて人気NO.1/
さとふる

図解:ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みについて簡単に説明していきますね。

  1. 何もしなければ納税先は自分の居住地である自治体に限られるが、ふるさと納税をすれば好きな自治体に寄付という形で納税できる
  2. 何もしなければただ納めるだけだった税金が、ふるさと納税をすることで税金を納めるだけでなく返礼品がもらえる
ふつうに納税するふつうに納税する場合

何もしなければ自分の居住している自治体にただ納めるだけの税金。

たとえば

支払わなければいけない税金が10万円だったとすると、ふるさと納税をしなければ納税書の通り自分の自治体に10万円納めて終わり。

ポイント①寄付(納税)する自治体を選べる

複数の自治体に納税できる複数の自治体に納税できる 画像引用元:図解.net

 

ふるさと納税をすれば好きな自治体を選んで寄付(納税)できます!
※寄付先は複数でも可能。

たとえば

納税額10万円のうち自治体Aに2万円、自治体Bに5万円、自治体Cに3万円という納め方も可能。

ポイント②返礼品がもらえる

納税で返礼品がもらえる納税で返礼品がもらえる 画像引用元:図解.net

 

ふるさと納税で寄付をすると寄付額の何%かの返礼品がもらえます。

自治体によって還元率は違いますが、※自己負担額2,000円以上の価値のある物がもらえるのでお得です♪

※ふるさと納税をするには自己負担で2,000円かかります。(手数料みたいなものだと思うと良いですね)

たとえば

自治体Aに2万円納税したら返礼品として5,000円相当の特産海産物がもらえた!

※自己負担額2,000円が20,000円から引かれ18,000円納税したことになります。

返礼品の例
地域特産のお米・お肉・海鮮・果物・野菜・加工食品・お酒・ドリンク・伝統工芸品・タオル・ギフトカード・育児グッズなど…

もこ
もこ
応援したい自治体から選んでもいいし、欲しい物から寄付先を選ぶのもアリだよ!
ふるさと納税の仕組み④

ふるさと納税をしなければただ10万円支払うだけだったところ…

ふるさと納税をしたら

10万円のうち先に2万円分支払ったから自己負担2,000円を引いた残り82,000円を支払えばOKに!

10万円ー(2万円ー2,000円)=82,000円

18,000円は元々支払わなければいけない納税金。2,000円の負担で手元には特産品5,000円相当分が残る♪

つまり18,000円分税金を先払いしてるってこと。

5,000円相当の特産品を自己負担額の2,000円でゲットしたってこと。

もこ
もこ
  夫もそうだったんだけど、たぶんココが一番わかりづらいんだよね…

自己負担額2,000円は1自治体につき2,000円かかるのではなく、1自治体に寄付しても複数の自治体に寄付してもたった2,000円だけで済みます。

※つまり寄付すればするほどお得!!

注意!ふるさと納税でお得になるのには限度額がある

寄付すればするほどただ納めるだけだった税金が、たくさん返礼品がもらえてお得になるふるさと納税。

ですが、控除される金額には限度があります。

下のボタンから寄付可能額のシミュレーションができるので見てみてください。

寄付可能額を調べる

もこ
もこ
調べずにたくさんやって、控除されなかったら損だもんね(´;ω;`)

ふるさと納税をしたあとはどうするの?

ふるさと納税をした分は住民税や所得税の還付・控除の対象となります。
いくらふるさと納税をしたのか確定申告で申告しましょう。

さきほど上記で簡易版として図解しましたが、詳しい仕組みについてはこちらが参考になります。

ふるさと納税の仕組み 引用元:さとふる

>>ふるさと納税の還付・控除について詳しく見る

わかりやすく先払いと説明してきましたが、

正確に言うと「ふるさと納税として支払った分は住民税・所得税の還付・控除として返ってくる」です。

確定申告をする必要のない方はワンストップ特例という制度も利用できます。

ワンストップ特例について引用元:さとふる

>>ワンストップ特例について詳しく見る

オススメのふるさと納税サイト

ふるさと納税はまるでインターネットショッピングのように、各ふるさと納税サイトからすることができます。

サイトによって扱ってる自治体が違うのでいくつか覗いてみてくださいね♪

さとふる…ふるさと納税サイト人気ナンバーワン!

こちらわたしも利用したことがあるのですがサイトがとっても見やすくてオススメです♪

ふるさと納税を地域から探す

ふるなび

今ならAmazonギフト券の還元率が2%→3%!

>>カテゴリー別の返礼品ランキングを見る

ふるなびでふるさと納税する

ふるなびはトラベルもありますよー♪

GW(ゴールデンウィーク)や夏休みの旅行にふるさと納税を利用してみては?!

楽天市場…いつものお買い物のようにふるさと納税できる!

いつも使ってる楽天市場でもふるさと納税できるんです♪
他サイトに登録するのはあんまり…という人は楽天から是非どうぞ!

例)

【ふるさと納税】愛別町産米(ななつぼし5kg・もち米2kg)

もちろんSPU!ポイントアップキャンペーンなども対象ですよ♪

>>日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

まとめ:ふるさと納税をすれば税金をただ払うだけでなく返礼品がもらえる♪

ふるさと納税の仕組みふるさと納税の仕組み 画像引用元:図解.net

 

ふるさと納税の仕組みについて簡単に説明してみました。

何もしなければただ払うだけの税金。

ふるさと納税をすれば2,000円の自己負担はかかりますが、

税金を払うだけでなく2,000円以上の価値がある返礼品まで貰えてとってもお得

2019年6月からは法改正に伴い各自治体に返礼品の規制が入りました。

が、ふるさと納税はやった方がお得なので

まだの人は試しに1万円からでもやってみてくださいね!

お出かけ時に便利なサイト

知ってると便利なお出かけ時に使えるサイトです♪

レジャー施設の割引チケットやちょっと変わった体験(アクティビティ)の予約など遊びのことならアソビュー!口コミも見れます。

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」

外出先で駐車場に困ったことはありませんか?
近くの安い駐車場を探せて事前予約もできるサイトが便利!クレジット決済できるので小銭の心配も要りません。
会員登録はもちろん無料✨

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)

▶駐車場を予約するならakippa

外出先でもスマホやタブレットでネットを気にせず使いたい!
国内外どこでも無制限でWi-Fiが繋げられるポケットWi-Fi!翻訳機能付き。

Mugen WiFi (無限Wi-Fi)