美容と健康

レーザー治療でほくろを除去して気持ち明るく♪

ほくろ除去

今朝(11月7日)のニュースで女優の宮沢りえがほくろを除去したとありました。

ほくろの除去は1か所数千円〜数万円で比較的簡単にできます。

ほくろは人によってはチャームポイントにもコンプレックスにもなりうるものです。

わたしにも少し目立つほくろがあるのですが小さいころから気になっていました。

ほくろのレーザー治療を受ける人は10代〜50代が多いそう。
この記事ではほくろのレーザー治療について調べたことをまとめていきます。

ほくろを取ることのメリット・デメリット

ほくろのレーザー治療のメリット

  • 見た目が綺麗になる
  • 不安が消える(中には悪性のものもあるので)

見た目が綺麗になる

やはり肌に黒い点があると気になりますよね。
口元や目元のほくろなど中にはセクシーさを感じるほくろもありますが、無いに越したことはありません。

ほくろを取ると見た目も美しくなり自信も持てます。

不安が消える

小さいほくろなら問題はないのですが、大きくさらに盛り上がっていたりすると悪性の腫瘍の疑いも出てくるので不安です。

特に盛り上がったほくろは年々加齢とともに大きくなることもあるので、取れるなら思い切って取ってしまった方が安心ですね。

ほくろのレーザー治療のデメリット

  • 費用がかかる
  • レーザー治療による制限
    肌の鎮静化に時間がかかる→洗顔、洗髪、化粧品の制限など、外出時気になるetc.

費用がかかる

ほくろはレーザー治療で取ることができます。
治療なので5,000円程度~数万円といくらか費用が掛かります。

中には保険適用できないクリニックもあるので治療を検討している方はよく調べましょう。

レーザー治療による制限

レーザー治療をするので肌のコンディションを保つために、日焼けしてはいけなかったり、治療後の腫れの鎮静化までの時間や、肌の扱いに少し制限がかかります。

でもそれを乗り越えれば綺麗な肌になれるので我慢ですね。

 

\保険適用で安くできます!/


ほくろを取ることで気持ちも明るくなれる♪

ほくろって小さいものや少なければ、それほどチャームポイントになったり気にならないですが、盛り上がっていたり大きいものだと人によってはコンプレックスです。

わたしも額に5mm以上のほくろが1つと鼻の脇にも少し大きめのほくろがあるので、ほくろのレーザー治療は気になっていました。

今回のニュースをきっかけに少し調べてみたのですが、数千円~数万円で長年気になっていたことが解消するならやってみても良いかも?!と思いました。

子育て応援

妊娠中お世話になりました♡

出産祝い・内祝いにオススメ♡

出産準備にフィンランドから届くムーミングッズ♡

大好きな子ども服ブランド♡